あなたにあった副業紹介します!株式会社フロンティアのテックサイン(Tech Sign)

自分にあった副業をみつけよう

仮想通貨取引所の特徴はそれぞれで違いがある

time 2019/09/05

仮想通貨投資を実行する際には、仮想通貨取引所に口座開設をすることがスタートになります。
取引所によっては、ビットコインプレゼントなどの口座開設キャンペーンを実施しているケースがあります。
キャンペーンに合わせて口座開設を行えばメリットがあるため、事前に調べておくことも大切です。
具体的な口座開設の方法としては、インターネットを通じての申し込みが一般的です。
登録画面に必要事項を記入して、本人確認書類をアップロードすれば申し込み完了です。
本人確認書類は郵送で送付することもできますが、ネット上で全て行えば取引開始までの時間が最短になります。
口座開設が承認されれば、自宅に通知が送られてきます。
そこから取引が可能になります。
入金をして取引開始になりますが、取引の際にはいくつかの注意点があります。
仮想通貨取引所のシステムは決して一律ではなく、それぞれに特徴があります。
仮想通貨は各取引所によって価格が違います。
取引所によって売値と買値の値段が異なっているため、条件のいい取引所を利用する方がメリットになります。
売値と買値の間に価格差があり、これはスプレッドと呼ばれるものです。
スプレッドは取引の際の手数料になりますが、この広さは各取引所によって異なります。
スプレッドの狭い取引所であれば、その分の手数料を安く抑えることが可能です。
しかし売買そのものに手数料が必要な取引所もあるため、全体的な手数料をチェックしておくことは取引所選びにとって重要です。
トレード画面やチャートに関しても、各取引所で違いがあります。
使いやすさは、実際に画面操作をしてみなければ判断できない点もあります。
複数の仮想通貨取引所に口座開設して、色々な画面を確認しておくことも大切です。
ビットコインのような基軸通貨はどの取引所でも取引が可能ですが、それ以外の通貨については、取引所ごとに扱いが違います。
独自トークンを発行している取引所もあります。
海外の取引所に比べて、日本の取引所ではアルトコインの取り扱い種類は限られているのが現状です。
世界レベルでよく知られている通貨でも、日本の取引所では扱っていない場合があります。
国内取引所で扱いのない仮想通貨に関しては、海外取引所に口座開設することで取引が可能になります。
但し、海外取引所を利用する場合は、国内ではないリスクに十分注意が必要です。
国内取引所は国内の法律下で運営されているため、その意味で日本人にとって安心感があります。
不測の事態が起こった場合に、海外取引所では問い合わせが難しいケースがあります。
日本語対応をして、問い合わせ方法も明確な取引所を選ぶことがベストです。

down

コメントする